ブログトップ | ログイン

CAVOK ~蒼空伝説~

marusei336.exblog.jp

百里基地千日回峯行  プロ御用達ブログ?

2012年 06月 25日 ( 1 )

d0193838_6364367.jpg


d0193838_638518.jpg


d0193838_6403536.jpg


d0193838_6435081.jpg


d0193838_6483488.jpg


d0193838_8434495.jpg


d0193838_8451740.jpg


d0193838_847059.jpg


d0193838_84817100.jpg


d0193838_8495171.jpg


d0193838_8513734.jpg


最近のマイブームは、
Youtube等で退官された田母神氏のお話を拝見することです。
私も彼の考えと同感であると前もって申しておきます。
それらの映像を見て感じたことを書いてみます。

今さらながらなんですが驚きました。知らないことだらけでした。
どんなに高性能な装備があっても、どんなに優秀なパイロットがいても、
これらを活かすことができないんですね。
領空侵犯した不審機が攻撃してくるまで、こちらは手出しできないとは。
攻撃されるまでは警告や誘導のみなんですね。

爆撃機が日本本土上空で爆弾倉のドアを開き、今まさに爆撃開始しようとしたとしても、
これに対して攻撃しちゃいけないんですね。
あくまでも警告と誘導をくり返すのみ。
攻撃は爆撃開始されてからでないと現場の自衛隊パイロットは処分されちゃうそうです。

なんと!・・・殺人罪 これで起訴されるとは驚きです。

海外の軍規は、「やってはいけないこと」のみが明記されているが、
自衛隊は、「やってもいいこと」なのだそうです。

これをプロレスに例えたら、
相手選手は「首を絞めてはダメ」・「凶器を使ってはダメ」と、それ以外なら何してもいい。
一方自衛隊は「ドロップキックしか使っちゃダメ」。

相手は禁じ手以外はなんでもアリで向かってきます。
こちらはドロップキック以外を使ったら反則になっちゃうんですよ。
これじゃー負けますわなぁ~。

今の法では日本は不審機または不審船からの攻撃に完全にやられてしまいます。
撃たれて初めて反撃なんてバカなことがありますか!?
反撃以前に死んでますわ。

国際法規に則り、領空または領海を侵犯した者に対し攻撃できるようにすべきです。
警告や誘導なんて甘っちょろいですよ。
そういう侵犯をして撃墜または沈没しても文句を言わせなくすべきです。

まだまだ日本が戦争への道のりをたどった経緯について勉強中です。
占領国やマスコミによって真実がねじ曲げられている可能性がありそうですね。
日本人がずっと戦争に対して負い目を抱かせるような報道や思想。
国防について論じることをタブーとする雰囲気。
何か言うとすぐに軍国主義だという世論。

新聞やテレビのニュースまた書籍も信用しないことにしてます。
反日分子による事実の捻じ曲げまたは隠蔽がありそうです。
自衛隊を弱体化させること、日本人をノンポリにすることが彼らの目的。
そのうち日本は、日本人の心は無くなってしまいますよ。

まだまだ世の中のことも国防も無知で勉強中ということを再度申し上げます。
でも強く思うことは、
今まさに我が国がやられてしまうその場に居合せた現場指揮官が、
何もためらうことなく、それに対し攻撃可能な法整備が早急に必要だということです。

私は日頃から百里で撮影してますが、前述したことを憂いているわけです。
たしかに戦闘機はカッコイイし、隊員さんから元気をいただいてます。
下手な写真撮って、捻った捻らないと一喜一憂している自分でありたいです。
by marusei-shokudo | 2012-06-25 09:51 | 百里 | Trackback | Comments(6)

by marusei-shokudo